2018.09.20 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2018.09.09 Sunday

    苦しい環境にいる時、自分の気持ちを把握することは難しい

    0

      初めてマンガを描きました。イラストと文字(台詞)の組み合わせ方や配置に四苦八苦しましたが、楽しかったです!

       

      今回は、「苦しい環境に居る時の自分の気持ちって、案外分かってないもんだね!」という話です。言い換えると「客観視が出来ない」。

      「気持ち」と書きましたが、「心の状態」の方が近いのかもしれません。

       

      「死ね」とか「キモい」と言われている時、もちろん「辛い」「苦しい」とは感じていました。

      が、その苦しい・辛い状態が「普通」「デフォルト」であり、自分の精神状態が追い詰められているとは思ってませんでした。

       

      今、小学生の自分を見ると

       

      ・何で「死ね」って言われて、『そうですよね、生きててごめんなさい』って謝るんだろう

       

      ・『死ねと言われたので死にます』って言うけど、家族のいうことよりクラスメートの暴言の方を聞くのか?

       

      ・『私が死んだらクラスの皆喜ぶ』って、1周回って自意識過剰な気が…。というか「クラスの皆」はそんなに大事な存在か?

       

      とツッコミが止まらない。自己肯定感めっちゃ低いやん…。

      『』の中は、小学生の時、大真面目に思っていたことです。これらの考えが常に頭の中に張り付いていました。

       

      今、小中学校と比べたら、大分穏やかな環境にいます。安心出来る環境にいることと自己肯定感が高まったことで考え方も変わり、こうやって過去の自分の精神状態を俯瞰出来るようになったんだと思います。

       

      あと、「第三者からのアドバイス」も大きいですね。私の場合はカウンセラーの方。

      今回のことも、カウンセラーが「追い込まれていたんでしょうね」と言ったのをきっかけに、「あぁ、そういえばあの時大分ヤバかったな」と思えるようになりましたから。

       

      2018.08.05 Sunday

      はじめまして、「秋月文庫」の管理者 秋月のプロフィール

      0

        このページを訪問してくださり、ありがとうございます!

         

        当ブログ「秋月文庫」の運営をしている、秋月 愛笑(あきづき まなえ)です。

         

        ここでは私、秋月のプロフィールを書いております。

         

        自己紹介

         

        2000年11月生まれ。

         

        現在定時・通信制高校に通っている高校生です。

         

        愛笑(まなえ)という名前は、母の知り合いに本名をベースに名付けてもらったものです。

         

        好きなこと、やってて楽しいことは

         

        ・イラスト・絵を描くこと(アニメチックなもの・女の子のイラストが多し)

        ・音楽を聴くこと(邦楽・洋楽・ボカロなど)

        ・本を読むこと(マンガ・コミックエッセイ・自己啓発本・ハウツー本を読むことが多い)

        ・ゲーム(パズルゲーム、RPGなど)

         

        と完全にインドア派。最近は、大分前に流行った「ポケモンGO」にハマり、外出することもある。

         

        ブログをするきっかけ&経緯

         

        元々小学生の頃から「自分のサイトを持ちたい」という気持ちがありました。

         

        中学生の時にイケハヤさんのことを知り、「ブログだけで生活している人がいるのか!」と衝撃を受ける。

         

        イケハヤさんをきっかけに、いくつものブログ・ブロガーを見て「自分もしてみたいなぁ」と思うように。

         

        高2の時に、サーバー代も独自ドメイン代にアルバイトしてた時のお金を使い、wordpressを立ち上げるも続かず…。

        (結構お金を払ったのに、1記事も登校出来なかったっていう…。)

         

        「まずは無料ブログで、書く習慣をつけてからにしよう」と思い、最初に使ったのがlivedoorブログ。そこでは(自分の中では)そこそこ記事を書くことが出来ました。

         

         

        しかし、1つモヤモヤするものが…。それは広告。有料プランに入っても消せないと知り、広告なしで出来るものでなおかつ良さげなブログサービスを探した結果、JUGEMブログにしました。

         

        JUGEMブログは有料プランでも月300円(税抜き)で安いのが良いなぁと。有料プランの内容も、他のブログサビースとそんなに違いはないですし。

         

         

        生い立ち

         

        幼児期・小学校時代

         

        小さい頃の私は、あまり夜泣きもせず、はしゃぐタイプではなかったそうです。保育園で親の迎えを待ってる時も、本を読む。

         

        小学生になっても、居ることが多かったのは運動場より図書室。よく偉人マンガを読んでて、学校にあるもの全部読んだ記憶があります。

         

        小2ぐらいからなぜか人見知りになり、クラスメートと上手く付き合うことが出来ず、人間関係を築き上げていくことが出来ませんでした。

         

        他人から見ると、すぐ泣くし、話しかけても反応が薄いしで「とっつきにくいことこの上ない」って感じだったと思います…。

        自分でも、小学生の自分と会ったら「何をどう話しかければいいのか分からん…」ってなる。

         

        話しかけてくれたクラスメートには感謝です。

         

         

        また、小学校時代は傷つくことも多かったですが、人を傷つけることもしました。傷つけたクラスメートには申し訳無い思いです。

        当時の自分は、人に加害をしたことに気づいておらず(加害をしたとも思ってない)、自分の行いが「イジメ」(正確には「暴行」)だと気づいたのは、中学生になった後でした。

         

        高学年になると中学受験も頭に浮かんでましたが、「面倒くさい」「受かる気がしない」が理由でそのまま公立の中学校に進学。

         

        今思うと、母も「お金の心配はしなくていいよ」と言ってくれてたのだから、受かるかどうかはともかく挑戦すれば良かったなと。過去のことを悔やんでも仕方ないですが、今でも時々思います。

         

         

        中学校

         

        中学校になっても、学校へ行くことへのしんどさは解消されるどころか、余計に大きくなっていきました。

         

        「キモい」と言われ集団で嗤われたり、タチの悪い嫌がらせを受けたりと、思い出すだけで暗澹(あんたん)たる気分になります…。優しいクラスメートもいたんですけどね。

         

        そして中1の2月に心がポッキリと折れ、学校に行けなくなりました。この時の感覚はなぜか鮮明に覚えていて、2月1日の朝に突然心が折れたんですよ。言葉では正確に言えないけど、本当に「ポッキリ」と。

         

         

        中2の4月に別の中学校へ転校。そこは、山奥の学校で人数も少なく、「死ね」だの「キモい」だの言う生徒もいなかったので、前の中学校と比べると環境的には大分マシでした。

         

        が、今度は担任の先生につまずく…。学校に行くのが恐くて中々教室に入ろうとしない私を、無理やり引っ張ったりクラスの女子を全員私の所へ連れてきたりする態度に不信感を抱きました。

         

        中2から中3の1年間は登校しましたが、中3の5月頃から学校に行かなくなりました。この時から卒業まで全く行ってません。

         

        不登校中に「私って、朝早く行ったり人と一緒に勉強する学校のシステムに合わないのかな」と思いはじめました。

         

         

        高校時代〜現在

         

        高校は定時・通信制の学校に入学。当初は、髪を染めてたりピアスしてたりする生徒や子連れの生徒がいることにビックリしましたが、最近は慣れました。

         

        「高校に通っている」って言っても、年齢も見た目も立場もバラバラ。そのことに、居心地の良さを感じました。

         

        また、学校も先生方も「この学校には様々な事情を持った人が入学してくる」ことを知っているので、生徒へのサポートも厚いです。「こんな優しい人世の中におるんや…」レベルの先生もいます。

         

        おかげで、単位を落とす事なく高3まで通えることが出来てます。

         

        また、高校に入ってから精神面が回復し始め、中学生時代は外出が恐くて出来なかったのが、高1の冬にはバイトに挑戦したりイラストコンテストに応募したりと、「新しいことをしよう!」と思えるようになりました。

         

        地元では評判が良くない学校ですが、行ってる生徒としては「こんなに生徒のことを考えてる学校って、そんなにないんじゃないかなぁ」と思います。

         

        高3の現在、自分の進路で悩みまくってる最中。

         

         

        SNS

         

        twitter:@akizukimanae

         

        今の所、ジェンダーや性差別についてのツイートが多めです。週に3〜4回更新。

         

        Tumblr:akizuki-gallery

         

        イラストを主に載せています!

         

         

        ここまで読んでくださり、ありがとうございました!